ネキシウム副作用でかゆみがある時は手術が必要な時も

ネキシウムは、おなかの調子を整える薬です。
胃酸の過剰分泌にたいして強力にブロックをする効果があり、さらには胃腸障害全般に効果をもたらします。
利用者の多くが胃腸の調子がよくなったというアンケート結果がでています。
胃腸の病気はときに手術を必要とするほどときに重篤な症状をもたらしやすいですので、そうした病気の予防や改善に大きく寄与することができる医薬品です。

このように、胃腸全般に効果があるネキシウムですが気になる副作用についても存在します。
とはいっても、基本的にネキシウムは副作用はそこまで多くはありません。
とはいえ、人によっては肝機能値に変化が認められたり軟便やめまいなどの症状が現れたりします。
ですので、気になることがあった場合においては医師に相談したほうが良いでしょう。

めったにないことではありますが重篤な副作用があります。
かゆみなどを主症状とする蕁麻疹が発生することがあります。
アナフィラキシー・ショックを引き起こすようなときもごくまれにありますので要注意です。

他の副作用としては、白血球や血小板が減少してしまう血液障害が挙げられます。
肝機能障害や皮膚障害もまれに存在しますのでこの点も服用後には充分に観察しておいたほうが良いといえるでしょう。

注意事項については、まず症状や治療目的によって飲む量が決められているという点があります。
そのため、飲む量については気を使う必要があります。
強力な作用があり基本的に治りが早いという特徴がありますが、逆流性食道炎を繰り返す場合においては本来は飲む期間は長くても2ヶ月弱と定められていますが少量を長期間服用する場合もあります。

肝臓病の人の場合は症状悪化が懸念されますので、特に注意して服用することが定められています。